家具購入の節約術【時期や値引き交渉で安くする】

傷の多い激安アウトレット家具【自力で家具の補修をして対応する】

なぜアウトレット家具はこんなに安くなるのか

ソファ

売れ残った商品を処分するためとはいえ、激安アウトレット家具はなぜ大幅に価格を引き下げることができるのでしょうか?値下げができる理由について詳しく見ていきましょう。

大幅な値下げが可能となる理由

品番が古い
品番の古い商品と新しい商品が2つ売られていた場合、多くのお客さんは新しい方を選ぶため、古い品はいつまでも売れ残ることになります。例え新しい品番を入荷していない場合も、商品を購入する人はネットで新しい品番があることを知ってしまうため、現在では品番の古いものが売れにくい状況なのです。捨てるよりは利益になるので、型遅れの品は激安アウトレット家具として処分することがあるのです。
在庫過多
メーカー側が商品を作りすぎてしまい、大量の在庫を処分するためにアウトレット品として販売されることがあります。売れ行きが好調な商品があれば、メーカー側はよく大量受注に備えて作り置きをしておくものですが、受注が急になくなると、大量の在庫の処遇に困ってしまうのです。アウトレット店はこうしたメーカー側から在庫商品を購入し、激安アウトレット家具として販売するのです。
在庫の保管場所の確保
メーカー側が大量に作ってしまい、商品が売れ残ると、問題となるのが保管場所の確保です。小型の商品であれば倉庫の端で保管し続けることもできますが、大型のテーブルや棚となると場所を取るので、いつまでも倉庫に入れておくことができなくなります。倉庫を整理するためにすぐに処分できるよう、激安価格で販売するのです。

特に多いのがちょいキズです

アウトレット家具として値下げされる商品に最も多いのが、ちょいキズ商品です。運送中についた傷によって商品価値が下がってしまい、激安アウトレット家具として販売されるのです。傷物と聞くと多くの人は購入することをためらってしまいますが、耐久性・動作性に影響があるほど大きな傷ではありません。また、見た目もほとんど気にならないほど小さな傷であるため、見た目にこだわらない人であれば問題なく購入できるでしょう。

ちょいキズもカバー次第で目立たなくなります

傷がどうしても気になるというなら、家具の傷を修復するグッズを使用してみてもよいでしょう。ネットなどで購入ができるほか、地域にあるホームセンターでも売られているので、簡単に手に入れることができます。最近の商品は性能も高く、使用すると相当接近しないとわからないほどキレイに傷をカモフラージュしてくれます。

ちょいキズをカバーする方法とは

アウトレット品にありがちなちょいキズですが、傷を隠すグッズの利用によって、この傷をキレイにカバーすることができます。手順をしっかり踏まえ、新品同様の見た目に補修しましょう。

小さなひっかきキズに効果的【ペンタイプの補修材】

補修ペンを買い揃える

家具の傷を補修するグッズで、最も多いタイプといえばペンタイプのグッズです。補修ペンは家具の素材の色調に合わせて、たくさんの色が販売されています。記憶を元に家具の色に合ったペンをピンポイントで選ぶのは難しいので、近い色のペンを複数買い揃えましょう。

色調の確認

家具の素材の色と同じ色調のペンを選びましょう。最も素材の色に近いカラーと共に、素材の色より少し薄い色を2色選ぶ必要があります。傷の補修をする際は、色の薄いペンから順番に塗っていきましょう。

微調整後完成

薄いペンを塗っても傷が目立つ場合、徐々に色の濃いペンを重ね塗りしていきましょう。ペンの色が薄すぎる、または濃すぎるとかえって傷が目立ってしまうことがあるため、薄いペンから徐々に濃いペンへと塗っていくことで、傷が目立たなくなるまで細かく微調整ができるのです。キレイに補修し終わったとしても、光の角度によって傷が目立って見えることがあります。しかし、ペンを使った補修では、わずかな色調のズレや油性ペンのツヤを改善することはできないので、どうしても気になるという人はペン以外の方法を選択するとよいでしょう。

キズを完璧に隠したいなら~ヤスリを使用した補修方法~

キズのある個所にヤスリがけをする

傷が目立つのは、表面に明確な凹凸が見られるからです。つまり、表面の凹凸さえ消してしまえば、家具の傷も目立たなくなるでしょう。表面がやや荒い紙ヤスリを選び、10分ほど表面を磨き続ければ、傷と周りの部分との段差が徐々に減るので、傷を目立たなくさせることができます。

オイルを塗布する

多くの家具には、表面に美しいツヤを与えるためにオイルが塗られています。ヤスリ掛けをすると、オイルを含んだ表面部分も削り落ちてしまうので、傷を削った後はヤスリ掛けをした部分にオイルを塗る必要があります。ヤスリによって白くなった部分も、オイルによって他の部位同様に美しい木の木目が見られるようになります。

アウトレットのキズならこれで十分補修できます

傷が比較的浅いものであれば、補修ペンや紙ヤスリを用いることで傷を目立たなくさせることができます。しかしあまりにも深い傷の場合、補修でもカバーしきれない場合があります。激安アウトレット家具の展示会では、できるだけ傷の浅い家具を選びましょう。

意外と手間が多いソファーの補修方法

表面がレザーやファブリックのソファーですと、木材の棚やテーブルとは異なる傷が生じます。傷の種類が異なれば、補修方法も変わってくるものです。そこで、ソファー表面の補修方法についてしっかりと学びましょう。

簡単かつオシャレにキズを隠す方法

ソファー表面の傷やスレを簡単に隠す一番簡単な方法といえば、ソファーカバーを敷くことです。傷を完全に覆い隠すことができるほか、デザインもオシャレに変えられるなど、カバー掛けによる利点も多くあります。最近では防水・防汚性が高いソファーカバーも多く販売されており、従来のソファーよりも見た目をキレイに保ちやすくなります。

本格的なソファーの補修方法

ソファーを分解し汚れを落とす

レザーソファーの補修を行なう場合、まず作業がしやすいように、背もたれ部分と台座部分を分解します。分解をした後は、それぞれの部位の油汚れを落とすため、「レザークリーナー」と呼ばれる洗浄剤を使用し、レザー表面についた油汚れをキレイに落とします。

レザークリーナー・リムーバーを塗布して穴の補修

油を取り除くレザーディグリーサーを使用した後、レザークリーナーを使って保湿を行ないます。クリーナーはリムーバーを使って汚れと一緒に洗浄するのです。その後、レザーグルーを先端が尖ったペンやカッターにつけ、穴の開いた部分に塗ります。1時間ほど放置すれば、レザーグルーが固まり穴をふさぐことができるでしょう。

キズを補修する

使わなくなったプラスチック製のカードや、切った下敷きなどを使い、ソファーの傷にレザーメンダーを塗りつけます。傷がひどい場合は、このレザーメンダーにソファーと同色のレザー修復クリームを混ぜ、スパチュラと呼ばれるヘラを使って塗りましょう。

保護材を塗布して完成

クロスリンカーと水を1:9の割合で混ぜた保護剤を作り、ソファーに塗っていきます。大部分はスプレーで塗り、溝などのスプレーをしにくい場所はスポンジを使って塗りましょう。その後、塗装下地剤を塗り、ツヤや質感を与えるトップコートを塗って補修作業は完了です。

ソファーの補修はこんなに大変

ソファーの傷を補修する場合、専門の器具や塗装剤を用意しなければならないため、DIYで手軽に補修をするというわけにはいかないでしょう。購入したソファーの傷をどうしてもキレイに直したい場合、専門的に修復をしてくれる業者に依頼するのが一番です。アウトレット家具の購入前に、ソファー補修を行なう業者を探しておくとよいでしょう。

TOPボタン